田辺秋守

ポストモダンの到来(フレドリック・ジェイムソン) 田辺秋守

a ポストモダンの諸傾向 アヴァンギャルドの運動は、ファシズムとスターリニズムとに阻まれ挫折した(もっとも、ダリなどを典型として自ら進んで伝統的慣習へ復帰した者も多いが)。その後に起こったことはモダニズムの衝撃が薄まり、モダニズムの作品自体…

モダニズムからアヴァンギャルドへ(ペーター・ビュルガー) 田辺秋守

ペーター・ビュルガー(1936-)は『アヴァンギャルドの理論』(1974)のなかで、アドルノのしつらえた理論的な設定枠、つまり芸術の社会的性格と、社会から相対的に独立しているという自律性の[芸術の二重性格]を大筋では認めながらも、いくつかの点で大き…

「モダニズム」の後の「ポストモダン」 田辺秋守

a 「ポスト」の意味 時代的な規定に関して、現代思想において近年もっともさかんに議論されてきた概念は、疑いなく「ポストモダン」(postmodern)という言葉であろう。ポストモダンという言葉は人口に上ること多く、建築から文学、哲学思想から社会現象にい…

モダニズムの擁護(アドルノ) 田辺秋守

モダニズムを理論的にもっとも精妙に擁護したのは、T・W・アドルノ(1903-69)であろう。アドルノの遺作となった『美学理論』(1970)〔邦訳『美の理論』〕は、ボードレール以降の歴史的なモダニズム芸術を範にとる、モダニズム美学の批判的集大成となっている…