照井日出喜

美的ユート アの場──アドルノの美学理論の射程2── 照井日出喜

PDFで読むI ほぼ半世紀前にブルトンの演説の末尾を飾るはずであったマルクスとランボーとの統一というテーゼは,ほかならぬその彼岸性のゆえにほとんど妖艶ともいえる魔力を放つ。 傲岸な「非行少年」の引きちぎられた魂がパリ・コミューン期の「苦悩の大都…

アヴァンギャルドの「死」-アドルノの美学理論の射程 照井日出喜

PDFで読む I 束の間の熱狂ののちに非業の死を遂げたロシア・アヴァンギャルドの透徹した感性の一群とは異なり,現代のアヴァンギャルド芸術は侈くも華やかな商品の一塊としてグロテスクな安楽死を遂げつつある。絶望の吹き抜ける空洞のなかで世界に向かって…