江澤健一郎

建築的身体の解体、変質作用 江澤健一郎

このように『ドキュマン』は、総合的構成に抗い、断片的な構成に訴えるが、これは単に雑誌編集における構成法の問題であるばかりでなく、この雑誌が取り上げる造形芸術の問題と反響しあっていると考えなければならない。『ドキュマン』においてもっとも大き…