永井隆則

セザンヌのパリ滞在の意味 永井隆則

PDFで読む セザンヌ像の修正 「プロヴァンスの孤高の画家」というイメージは、20世紀初頭のセザンヌ( 1839-1906 )没後、広く流布してきた。その理由は、セザンヌの名前を最初に広める事に貢献した、エミール・ベルナール、モーリス・ドニ、ジョワシャン・ギ…