廣田正敏

19世紀末フランス芸術──セザンヌを中心に── 廣田正敏

PDFで読む 芸術家が誰のために仕事をするかというと、伝統的には、「パトロン」(王家、教会、大ブルジョアなど、いわゆるメセナ)から経済的支援を受けて、活動を行ってきたと言える。芸術が作家個人の営みとなり、その権利(著作権)や制作の自由が認めら…