大平具彦

20世紀芸術と多元文化形成:トリスタン・ツァラと「黒人詩に関するノート」 大平具彦

トリスタン・ツァラと言えば、1916年にチューリヒで開始されたダダ運動の創始者であり、後にパリに移住してダダ運動の路線をめぐってブルトンと対立、その後独自の言語宇宙を創り出してシュルレアリスム運動にも参加したルーマニア生まれの詩人として知られ…