北川正

バタイユが捉えたマネの「聖性」について 北川正

PDFで読む G、バタイユは,『マネ論』と『ラスコー,あるいは芸術の誕生』を晩年になった1955年にスイスのスキラ社から上梓している。一方は,19世紀後半かずかずのスキャンダルに苛まれながらも,ボ=ザールのアカデミズムと断絶して「沈黙の絵画」と…