佐野栄一

セザンヌと『知られざる傑作』(Ⅲ) 佐野栄一

PDFで読む セザンヌは謎に満ちた画家である。それは、彼の生活が誰にも知られず謎に満ちていたということではない。彼の行動、彼の言葉、彼の性格、そしてとりわけ彼の絵が謎に満ちているということである。この謎を解こうと、様々な角度から探究がなされ、…

セザンヌと『知られざる傑作』 (Ⅱ) 佐野栄一

PDFで読む パリの中心に位置するシテ島とセーヌ川左岸とは、バルザックの時代も今も、堅牢な5本の橋で結ばれている。だが、『知られざる傑作』の17世紀はじめには、1本の石橋と2本の木橋があるだけだった。石橋は一番下流にかかるポン・ヌフで、この物…

セザンヌと『知られざる傑作』(I) 佐野栄一

PDFで読む 『知られざる傑作』は、17世紀の架空の天才画家、フレンホーフェルの、栄光と挫折を物語ったバルザックの小説である。物語には、フレンホーフェルのほかに、肖像画家として知られるポルビュスとまだうら若き後の古典主義絵画の巨匠プーサンが登…