モダニズム

モダニズムと形式からの後退 マーティン・ジェイ

美的モダニズムの歴史は往々にして、内容に対する形式の勝利、芸術作品の外部にある何かの表象もしくは表現に対する自己言及性の神格化として描かれてきた*1。モダニズムに対する批判的言説は、ロジャー・フライやクライヴ・ベルやロシア・フォルマリストた…

モダニズムの絵画 クレメント・グリーンバーグ

モダニズムは、単に芸術と文学だけでなくそれ以上のものを含んでいる。今のところそれは、我々の文化において本当に活きているものの殆ど全てを含んでいるのである。それはまた、偶然に起きた歴史上きわめて目新しいものである。西洋文明は、自己自身の基盤…

「モダニズム」の後の「ポストモダン」 田辺秋守

a 「ポスト」の意味 時代的な規定に関して、現代思想において近年もっともさかんに議論されてきた概念は、疑いなく「ポストモダン」(postmodern)という言葉であろう。ポストモダンという言葉は人口に上ること多く、建築から文学、哲学思想から社会現象にい…

近代芸術(モダン・アート)という「歴史=物語」── モダニズム再考──  森雅彦

PDFで読む1.近代芸術の外部 芸術ははじめからこれは芸術である、これは芸術でないといったかたちで存在するわけではない。いわばあるコンテクストの中で芸術となる、あるいは芸術にならされるのです。それは近・現代のモダン・アートにおいても変わらないの…

「アヴァンギャルドの失敗」をめぐる言説の意味するもの 外山紀久子

「アヴァンギャルド」と「モダニズム」の関係の錯綜は、この2つの用語が多くの場合ほとんど同義の言葉として用いられ、しかもそれぞれの内包と外延が論者によって微妙に異なっているという事態に由来する。ところがグリーンバークやポッジョーリ*1のように…

今日のモダニティ 2010年代のデザインと社会 古賀徹

PDFで読む 序 近代という言葉は多義的であり、時代の中でその意味を様々に変えて今日に至っている。2010年を迎えた今日、人々はどのような近代を生きてきたのか、それはどのように変容してきたのか、おもに日本の戦後を舞台として論ずることが本論の目的であ…