シチュアシオニスト

病んだ惑星 G・ドゥボール (菰田真介訳)

>本家サイト 「公害」は今日流行している、まるで革命のように。それは社会の全生活を支配しており、スペクタクルのなかでは幻覚のかたちをとって表れる。このことを肴に多くのくだらない書き物が著され、多くのくだらない議論が戦われる。そのいずれもがち…

『スペクタクルの社会』訳者解題 付「シチュアシオニスト・インタナショナル」の歴史2 木下誠

<戻る 第1期 芸術批判から日常生活の革命的批判ヘ 1957−61年 シチュアシオニストが運動を開始した1950年代の終わりから60年代初めにかけてのヨーロッパでは、飛躍的な経済成長が達成され、大量消費社会が本格化し、街には車やテレビがあふれ、あちこちでニ…

『スペクタクルの社会』訳者解題 付「シチュアシオニスト・インタナショナル」の歴史1 木下誠

1967年秋に出版されたギー・ドゥボールの『スペクタクルの社会』は、1950年代から70年代初頭まで、フランスをはじめイタリア、ドイツ、オランダ、北欧などヨーロッパ各地で芸術・文化・社会・政治の統一的批判を実践した集団「シチュアシオニスト・インタナ…

社会に介入するアート ──シチュアシオ二ストの実験とボイスの「社会彫刻」 小倉利丸

意識および意味の危機 社会とアートの関わりを、ファイン・アートのコンテクストを踏みはずすことなく実践してきた希有な存在として、ヨーゼフ・ボイスの名を挙げることができる。 ボイスは「ハニー・ポンプ」という有名な作品に関連して、「現にあるところ…

シチュアシオニストの活動とその意義 三浦丈典

序論 本論文は1957年から72年にかけて、ヨーロッパを中心に精力的に活動した前衛グループ、「シチュアシオニスト・インターナショナル(以下SI)についての研究である。SIはギー・ドゥボール、アスガー・ヨルンらを中心としたヨーロッパ広域に渡る…

歴史の思考の最期――ギー・ドゥボールとシチュアシオニストの映画 Jean-François Rauger(ジャン=フランソワ・ロジェ) 木下誠 訳

シチュアシオニストの映画は、今日ではむしろ唾棄すべきものとなったひとつの考え(転用)と、ギー・ドゥボールというひとりの重要な映画作家を後世に残すことになるだろう。そのドゥボールの全作品は、『スペクタクルの社会』(1973)の著者〔=ドゥボ…

スペクタクルを盲目にする 木下誠

光と闇、白と黒、さまざまな声と沈黙のみで作られ、いっさいの映像を欠いた最初の映画『サドのための絶叫』から、既存の映画やニュース映像、テレビ番組やコマーシャル・フィルム、コミックスや写真などを転用した映像にかぶせてドゥボールの声だけが響く最…

コンスタントのニューバビロンと1960年代の建築界との相互関係 南後由和

【1. 背景と目的】 シチュアシオニスト・インターナショナル(以下、SI)とは1957年から1972年にかけてヨーロッパ諸国を舞台に活動し、「芸術」と「政治」の統一的実践を目指した領域横断的な前衛グループである。ダダイズム、シュルレアリスムの…

スペクタクルの支配とメディア文化 The Domination of the Spectacle and the Media-Culture 亘明志

要旨 現代のメディア文化において、視覚的要素、とりわけスペクタクルか重要な位置を占めることはいうまでもない。このスペクタクルを、単に「見世物」という限られた意味ではなく、現代社会を構成する基本的な原理として考察したのか、ギ一・ドゥボールの『…

スペクタクル社会に亀裂をつくるために 栗原幸夫

オリジナルテクスト 「状況主義者」という奇妙な名前をはじめて聞いたのは60年代の末だった。ウニタ書舗の遠藤氏から、フランスの状況主義者というのが日本の新左翼に連絡をとりたがっているのだが……というような話を聞いた。フランスにも『情況』派がいる…