ギー・ドゥボール

病んだ惑星 G・ドゥボール (菰田真介訳)

>本家サイト 「公害」は今日流行している、まるで革命のように。それは社会の全生活を支配しており、スペクタクルのなかでは幻覚のかたちをとって表れる。このことを肴に多くのくだらない書き物が著され、多くのくだらない議論が戦われる。そのいずれもがち…

『スペクタクルの社会』訳者解題 付「シチュアシオニスト・インタナショナル」の歴史2 木下誠

<戻る 第1期 芸術批判から日常生活の革命的批判ヘ 1957−61年 シチュアシオニストが運動を開始した1950年代の終わりから60年代初めにかけてのヨーロッパでは、飛躍的な経済成長が達成され、大量消費社会が本格化し、街には車やテレビがあふれ、あちこちでニ…

『スペクタクルの社会』訳者解題 付「シチュアシオニスト・インタナショナル」の歴史1 木下誠

1967年秋に出版されたギー・ドゥボールの『スペクタクルの社会』は、1950年代から70年代初頭まで、フランスをはじめイタリア、ドイツ、オランダ、北欧などヨーロッパ各地で芸術・文化・社会・政治の統一的批判を実践した集団「シチュアシオニスト・インタナ…